収入証明不要のキャッシングとは?

消費者金融や銀行でお金を借りる時には融資したお金に利子をつけて返済をしてもらう必要があるので、借りる時にはきちんとした返済能力がある必要があります。その返済能力を調べる上で収入証明書は重要となりますが、世の中には収入証明不要で借りる事が出来るキャッシングも存在しています。
貸金業法の総量規制によって50万円を超える融資を受ける場合か、他社と合わせて100万円を超える融資を受ける場合は収入証明書の提出が義務付けられているので、それに合わせて一般的な消費者金融の収入証明書の提出条件も総量規制に合わせて設定されています。
金額に限らずに収入証明書を提出してもらう方が返済能力を見る上では安心なのですが、利用者にとっては提出を求められるといざという時に借りにくいという事もあり、それに配慮した上で総量規制を犯さないようにしているという訳です。つまり、収入証明不要で即日キャッシングを利用したいのであれば、50万円以下の借入に抑えるようにすれば基本的には必要ないという事になります。
ただ、50万円を超える借入でも収入証明不要で借りる方法というのも存在していて、総量規制対象外となっている銀行のキャッシングを利用する場合は銀行の定めた条件に従う事になります。それではいくらまでならば収入証明書不要であるかというと、それは銀行によっても異なっていますが100万円や200万円までは不要といった銀行もあるので、大きな金額を収入証明不要で借りたい場合は銀行をチェックするのが良いです。